Dried bean curd / ゆば製造

大豆を育てる

Vast hills and nature大豆を育てる

岩手の肥沃な土壌で育った大豆を使用しています。

大豆を育てる
大豆を選ぶ
大豆を選ぶ

Choose the soybean大豆を選ぶ

大豆の色、味や大きさなどを選別し、ゆばづくりに適したものを選りすぐります。厳選した大豆を使用することにより、豆の香り豊かなゆばになります。

大豆を一晩潤かす
大豆を一晩潤かす 大豆を一晩潤かす

Soak the soybeans in water overnight大豆を一晩潤かす

大豆を一晩浸漬することで、大豆が水を吸収し柔らかくなり、加工できる状態になります。季節や天候、気温の変化に応じて浸漬時間を調整します。

大豆を絞る
大豆を絞る

Squeeze the soybeans大豆をすり潰す。(生呉:なまご)

大豆と適量の水を石臼式の粉砕機ですり潰し、「生呉」(ペースト状)の状態にします。

豆乳とおからを分離
豆乳とおからを分離 豆乳とおからを分離

It separates the soy milk and Okara豆乳とおからを分離

窯の中に生呉を入れ加熱して煮ます。煮上がった呉(ご)を絞り機で濾過すると豆乳とおからに分離します。豆乳の出来上がりです!

ゆば槽に移す
ゆば槽に移す

Transferred to the vesselゆば槽に移す

絞り出した豆乳をゆば槽に移し、加熱します。

膜(ゆば)を掬う
膜(ゆば)を掬う

Scoop the membrane膜(ゆば)を掬う

加熱してしばらくすると表面にうすい膜ができます。これが「ゆば」です!出来上がったゆばを丁寧に竹串で掬っていきます。

Feature私たちが作るゆばの特徴

Water

Water/水

水は強固な岩盤から自然に沸き上がる天然軟水を使用しています。シンプルな工程の製品なので、お水のおいしさはゆばのおいしさに直結します。

Soil

Soil/土

岩手の人と風土に支えられ35年。これまでも、これからも岩手の素材にこだわり、岩手と共に歩んで参ります。

Mouthfeel食感

Mouthfeel/食感

柔らかな中にもしっかりとゆばをコシを残し大豆の味をしっかりと感じていただきながら、ゆば本来の食感を。お楽しみいただけます。

Technology技術

Technology/技術

独自の瞬間冷凍で「冷凍ゆば」にすることで採れたてゆばの品質を保持したまま、1年間の保存が可能になりました。ご自宅の冷凍庫で保存いただけて、いつでもお気軽においしいゆばをお楽しみいただけます!